早期英語教育は良いのか悪いのか?

Photo by Diomari Madulara 

「早期英語教育は良いのか悪いのか?」日本ではよく耳にする論争である。

私は日本に住んでいたとき幼稚園・小学校で英語講師として仕事をしていたが、その英会話学校は全国展開する比較的大きな学校だったため、大型モールなどでも授業はおこなっていて、まだ話すこともままならない赤ちゃんのときから親子でレッスンを受ける人たちもたくさんいた。

そのときはなにも考えていなかったが、自分が外国で子育てをすることになり、どうやったら日本語を子供に覚えてもらえるだろうかと考え調べることで、早期英語教育についてのさまざまなな意見を知るきっかけになった。そして不思議だなと思った点がある。


外国語を学ぶというのは、日本に住む人にとって特別なことであり、日常的ではない。その意識はよくわかるし、私もそうだった。

しかし、海外には同じ国内で2つも、3つもそしてそれ以上の異なる言語を話す国はいくつも存在していて、私もその国の内の一つに住んでいる。

そうなるとここで生まれた子どもにとって、英語学ぼうかな?どうしようかな?という選択肢はないのである。

早期教育うんぬんという議論のまえに、もうその言葉は「話す」「聞こえる」ことになっている。そして、生まれた時からそういう環境にいる子どもたちは何の疑問もなくそれを受け入れていて、それが日常化している。

この状況を自分の子育ての中で目の当たりにしていると、日本で話題に挙がる「早期英語教育」ってなんなのだろうかと思う。

一つの国で何カ国語も話す環境に身を置くと、早期英語教育はいいでも悪いでもなく、ただそうあるものであり、日本であれば日本語を話すことと同じことなのだなと気づく。そして、それが子どもの発達になにか弊害を起こすということにはならないのではないかなと個人的には思うし、我が子や周りの子を見ている限りそうは思えない。

誰もが知っている通り、子どもの順応性や感性は大人の私たちには理解できないほどの能力を兼ね揃えている。そういう彼らにとって、日本語であろうが、英語であろうがそんなことは関係なく、逆にそれらを大人が分けてしまっているから、事態は複雑になっているのではないかと思うのだ。

それを考えると、子供が嫌がっているのに詰め込むというスタイルでの早期英語教育は、良くないと思うけれども、無理のない形で日常の中に自然に外国語が入っている環境は、とても自然で良いことなのではないかと思う。

たとえ、それが親にとっては早期英語教育の一環であったとしても。

子供にとって、それは教育でもなんでもなく日常にある普通のことであり、自然と身になる出来事となるのではないだろうか。ご飯を食べたりお風呂に入ったりと同じように。

英語の絵本を読む。英語のテレビを見る。英語でゲームをする。英語の歌を聞いて一緒に歌う。そういうことを遊びの時間として取り入れる、興味がなければそれで構わない。そんな方法が一番ベストなのではないかと思う。

私の場合は海外に住んでいるので、これらのことを日本語を覚える手段として試しているけども、そうやって私は子どもが日本語に接する機会を設けている。

いま私の子どもは、パパとパパの家族とはフランス語、ママとママの家族とは日本語として理解をして話し始めている。そして私(ママ)と夫(パパ)の会話やいとこ同士との会話は英語なので、ここ最近になって、本当に少しずつではあるが、英語のような音や単語を出して、話しかけてきたり一人遊びをしている。

こうやって周りの大人と会話ができ始めてくると、大人はきまって「意味がわからないから、日本語でしゃべってorフランス語でしゃべって」と我が子に声をリクエストを出す。どちらの親もそれぞれの言語しかわからないので、そう言ってしまうのはわからなくもないけども、そういう悪気のない要求を耳にすると、その時こそなんだか可哀想な申し訳ないような複雑な気持ちになってしまう。「あなたにとっては何語であっても、話すという同じ意味の延長線上でしかないのにね。」と。

幸い私はまだ子どもがなにを話しているのか、この3言語であれば理解することができる。誰かに「わからないよ」と言われても、母である私が、いつも子供の一番の理解者として寄り添っていられればなと最近は思うのである。




連絡フォーム

名前

メール *

メッセージ *

人気の投稿

Profile